原発ARCHIVES of weekly bukkyo-times website ver 2.3


佛教タイムス 
原発問題アーカイヴズ




 弊紙「佛教タイムス」は、昨年の福島第一原子力発電所事故以前から、原発問題を継続して扱ってきました。仏教者・宗教者が原発についてどのような考えを抱いていたのかを知る貴重な資料です。
 特に1989年から1990年にかけて、全国の僧侶や寺庭婦人に執筆していただいた「原発と僧侶」シリーズにおける主張は、20年以上を経た今でもその重要性が失われていません。




 しかし、バックナンバーの入手が困難な現状において、古い記事を読むこともまた困難でした。





 ここに、過去の記事を広く人々に読んでいただき、原発への考えを深めるきっかけとなることを願って、アーカイヴズとして再掲いたします。


(なお、誤植の修正や漢数字をアラビア数字に直すなど、必要最低限の変更だけ加えたことをおことわりいたします)